世界に広がるタンゴセラピー
ちょっとご無沙汰しておりました!
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
東京は台風一過で暑い一日でした。

Yahooを普段ご覧になっている方はもう見たかもしれませんが
タンゴについて面白い記事が載っていましたので
転載してちょっとご紹介*


世界に広がるタンゴセラピー

[ブエノスアイレス 31日 ロイター] アルゼンチンの首都ブエノスアイレス最大の精神科病院で、哀愁のあるアコーディオンの旋律に合わせ、患者が医師や看護師とタンゴを踊っている。イタリアやオーストラリアなど、アルゼンチンから遠く離れた国々でも、様々な治療にタンゴを利用する「タンゴセラピー」が広がっている。
 ワシントン大学メディカルスクールの研究では、パーキンソン病の患者がタンゴを習うことで、体のバランスを取りにくくなる症状が改善されたことが分かった。
 英国ではタンゴの複雑なステップが、アルツハイマー型認知症患者の記憶力向上に使われている。またイタリアでは、体を密着させ後ろに移動する動きにパートナーへの信頼が必要になるとして、夫婦間のカウンセリングに用いられている。
 ウェールズに拠点を置くタンゴセラピーの国際団体で代表を務めるMartin Sotelano氏は、「タンゴの利点は、患者によって踊りのスタイルを変えられることだ」と説明。「夫婦のカウンセリングではコミュニケーションを重視し、アルツハイマー型認知症の治療では基本の8つのステップに重きを置く。パーキンソン病の患者には、洗練されたしっかりとした動きを練習することが役に立つ」と話した。




普段何気なく踊っていましたが、
たしかに。
タンゴは柔軟なダンスだからこそできるんですよね。
夫婦のカウンセリングにも使われる、、っていうのもうなずける一方、
うまくなってくると喧嘩が絶えない、などというハナシも一方で聞いたりもします(笑)

あたらめてタンゴのすばらしさを実感した記事でした。

ではまた!
店主カンナ
[PR]
by diferente | 2009-09-01 17:58 | カンナさんのひとり言
<< サイトリニューアルについて・・続報! やったね世界一!! >>



東京発信のアルゼンチンタンゴのダンスウェアブランド『ディフェレンテ』代表のTANGO的あれやこれや。
by Diferente
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ディフェレンテのリンク
検索
以前の記事
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
more...
カテゴリ
全体
お知らせ&ニュース
イベント
¡ Que Bonita !
動画あります。
旅先で
カンナさんのひとり言
Tango2.0
大切にしてきたもの
未分類
フォロー中のブログ
Don't think,...
pipapipa tango
外部リンク
タグ
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧